Publication Category: ニュースレター


メキシカン・オートモーティブMR 2016年8月 第41号

産業統計 2016年7月の普通自動車の販売台数は131,764台で、2015年同月の販売台数より17.9%増加。 2016年7月の普通自動車の生産台数は284,398台で、7月の生産台数最高記録を更新。 2016年7月の普通自動車輸出台数は225,530台で、2015年同月より0.4%増加。 2016年7月におけるアメリカ合衆国での普通自動車販売台数は10’106,595台で、2015年7月より1.1%の増加。 2016年1月から7月までの期間で、853,620台の普通自動車が販売され、2015年同期間の販売台数より18.3%増加。 2016年1月から7月までの期間における販売台数では、44%をメキシコ産自動車が占め、残りの56%は外国産自動車によって占められる。 2016年7月の生産台数は284,398台の新記録を更新し、2015年7月に生産された254,312台と比較すると11.8%の増加。 2016年7月の輸出台数は225,530台で、2015年7月の輸出台数と比較数すると0.4%の減少。 2016年1月から7月までの期間におけるメキシコ産自動車の輸出先は、相変わらずNAFTA加盟国であるアメリカ合衆国(75.9%)とカナダ(9.7%)となっている。この2国への輸出は全体の85.6%を占めており、その他の輸出先は、ドイツ(3.3%)、アルゼンチン(1.5%)、コロンビア(1.6%)、ブラジル(1.4%)で占められている。 アメリカ合衆国で販売された10’106,595万台以上の普通自動車のうち、メキシコ産は11.7%を占め、1’178,114台が輸出されている。同期間にアメリカ合衆国で自動車を販売した国々では、メキシコが2.5%の増加、日本が1.3%の増加、韓国が13%の増加と、好調な成長を示した。一方ドイツは同期間において2.4%減退した。   メキシコ自動車産業の生命線、海上輸送 本会報で言及されている2016年前期では、輸出された自動車総数の77.4%が、メキシコ湾・カリブ海沿岸より海上輸送され、残りの22.6%は、太平洋沿岸からの海上輸送であった。海路での自動車輸入については、59.2%がメキシコ湾・カリブ海沿岸経由である。メキシコ産自動車の80%は、海外市場へと輸出され、国内市場では54%が外国産で占められている。メキシコ初の港であるベラクルス港は、自動車産業のターミナルとして主に利用されており、1月から7月までの期間の輸出入では、370,855台の車両を記録した。これは、海上輸送での輸出の63.4%を占めるということを意味している。これに続くのは、ラサロ・カルデナス港(22.4%)、アルタミラ港(5.4%)となっている。   メーカーによる普通自動車販売 メキシコ自動車産業が集まる二つの企業グループ、Asociación Mexicana de la … read more

  Filed under: ニュースレター