独占禁止

CCNは独占禁止案件について経験してきました。弊所弁護士は、独占禁止に抵触するのかどうか、関連市場の実質的な制御についての分析、また、経済主体や市場参入時の障壁の識別を常に行い、可能な承認を高い確率で確保するよう、適切な独占禁止法の申請を準備します。CCNのメキシコシティ事務所とサン・アントニオ事務所の弁護士は、メキシコの独占禁止申請の準備をし、反競争と独占的行為に関する案件でお客様を代表します。弊所弁護士は、潜在的な独占的または反競争効果の統合を含む複雑な事例に関して、メキシコ連邦経済競争委員会からの有利な決議と承認を確保してきました。CCNは、自動車、産業機器、農産物や建設資材などの様々な産業分野で、独占禁止関連案件を成功裏に解決しています。CCNは積極的に、国内、二国間、そしてグローバル取引を伴う、持分や資産の取得、売却及び統合を含むプロジェクトに関与しています。業務の性質から、CCNの弁護士は、多くの政府や政府機関からの独占禁止の承認が必要な取引で、複数の法管轄の弁護士と協力する経験を積んでいます。

Attorneys covering this practice area