エネルギー

1994年の開所以来、CCNは、自家発電や天然ガス輸送など、以前は投資参加がより公開されていたエネルギーセクターにおける多様な法務分野において、お客様への法務サービスを提供してきました。弊所のガイダンスをもとに、多くのお客様がメキシコ国営石油会社(PEMEX)やメキシコ連邦電力庁(CFE)へのサービス供給契約入札に参加しました。近年、再生可能エネルギーの生成に伴い、非在来型炭化水素生産の技術革新によって、世界のエネルギー市場が劇的に変化しました。特にメキシコでは、2013年のメキシコ合衆国憲法改正で、過去数十年で最も重要な変化が、メキシコにおけるエネルギーセクターにおいてもたらされています。以前はメキシコ連邦政府に占有されていたエネルギー産業界における様々な事業活動は、国内及び海外からの投資家の参加が可能な段階へと移行しています。このような激しい競争は、様々なルールの見直しを強い、その結果、法律、規制、契約等の文書化が求められるようになりました。

Attorneys covering this practice area