知的財産

CCNの弁護士は、定期的に知的財産や技術問題でお客様を支援しており、メキシコで商品を製造または販売しているお客様に、知的財産権と技術を保護する方法についての法的なアドバイスを提供しています。弊所はメキシコで生じているバイオテクノロジーやゲノムについて焦点を当てた案件を含め、著作権、特許権、商標、営業機密案件を取り扱っております。また、フランチャイズ、ライセンスや技術移転に携わるお客様も支援しています。CCNの弁護士は、情報技術の分野において考慮される財政、規制、慣習や外国投資の相互作用を理解しています。特に、メキシコ国内拠点所属のCCN弁護士は、商標、スローガン、ソフトウェア、特許、原産地呼称、メンテナンスや知的財産権の保護に由来するケースで、メキシコ産業財産庁(IMPI)や国立著作権協会(INDA)に対し、多数のお客様を代表しています。CCNの知的財産弁護士はまた、貴重な知的財産権を保護する方法、そしてIMPIとメキシコの裁判所に訴訟を起こす能力を含め、第三者の権利侵害と取消手続の場合に権利を守る方法についてお客様に助言します。

Attorneys covering this practice area