国際貿易と通関

サプライチェーンの国際安全保障が最大の関心事である時代で、国際貿易と通関法、そしてそれらに関する手続は、新たな重要性と複雑さを持つようになりました。

メキシコと米国で弁護士資格を取得した弊所の経験により、米国で資格を取得した弊所独自の通関士を介し、インバウンドとアウトバウンドコンプライアンス、関税、割当量、補助金、ライセンス、輸出規制、自由貿易協定、非関税障壁と制限、世界貿易機関案件、貿易政策、輸送ならびに貿易金融を含む多種多様な貿易関連問題を扱います。

メキシコとその輸出産業の製造プラットフォームを考慮すると、国内そして国際的な監査、判決、意見、訴訟と内部コンプライアンスレビュープロジェクト及び対政府関係に特定の分野により重点を置いた、特に関税関連の点で当局による大幅な規制増加施行が見られます。CCNは、特定の貿易関連の総合的なアプローチの問題だけでなく、特定の問題が課税、外国投資そしてコンプライアンスという面でお客様の利益にどのように影響するかなどについての法的なアドバイスを提供します。CCNはお客様に、米国そしてメキシコの両国で、現在のこれらの貿易問題に関するタイムリーかつ正確な情報を提供します。

こういった案件は、ほぼすべての国際的商取引やプロジェクトに影響を与え、環太平洋連携協定(TPP)など地域及び多国間貿易協定の形で経済統合に向けた継続的な傾向は、弊所の国際ビジネスを扱うお客様にとってますます重要な分野になっています。CCNの弁護士は、メキシコと米国の両国での貿易協定と政策のレビューと解釈についての豊富な経験を有しています。弊所は常に、CCNのお客様がより効果的に、それぞれの取引に参加できるよう、お客様の国際貿易戦略を考慮しつつ、国際貿易、関税、規制、外国投資そしてコンプライアンスを総括します。

Attorneys covering this practice area