テキサス州での投資

テキサス州は、米国で最もビジネスを知るのに都合が良い州の一つです。テキサス州は事業税負担が最も少なく、個人所得税がなく、フォーチュン500に挙げられる企業の本社が他のどの州よりも多く、米国で二番目に大きい民間労働力を有しています。CCNの弁護士は、テキサス州を通して、幅広いセクターのお客様と会社設立、運用、保守、販売、合併や事業の解散の仕事をしています。弊所は、企業、不動産、訴訟、そしてその他の商法分野でお客様を支援しています。CCNは、サン・アントニオ、マッカレン/リオ・グランデ・バレー、ダラスならびにオースティンの首都圏でサービスを提供し、テキサス州の主要な場所に3つの事務所があります。テキサス州経済の成功は、外国からの投資に大きく依存します。 2008年にテキサス州の外国投資は民間業界の雇用の4.9%を占めていました。また、テキサス州は、米国とメキシコの中央に位置しており、26箇所の州境のアクセスポイントや多数の港を有し、投資家や事業家によるグローバル市場へのアクセスを容易にします。

Attorneys covering this practice area