労働と雇用

弊所はメキシコの労働法についてお客様にアドバイスするために、複数の事務所を通じて労働法の全リソースを備えています。メキシコの連邦労働法(Ley Federal del Trabajo)は、従業員に有利な内容が含まれており、米国ならびにメキシコ国外の他国の労働法とは本質的に異なります。この連邦労働法には、労働契約を管理する規則、メキシコで要求される最低賃金、そして、労働者利益分配金(PTU)及び12月に支払われるアギナルドという賞与など、従業員の福利厚生や、また、労働組合の規制に関する情報も含まれています。現在メキシコで商活動を行っている企業や、実行可能性調査(FS)を行っているグローバル企業は、該当する労働法令や規則を遵守するために、これらの労働者保護に注意する必要があります。

CCNの専門知識は、労務問題や労働裁判を防ぐための戦略を考案し、メキシコの労働法上のコンプライアンスを維持しつつ、お客様に助言することを可能にします。弊所はまた、多種多様な労働訴訟案件でお客様を 代表しています。

労働法のニーズを即時に取り扱うためには、使用可能なローカルの弁護士がいることが特に重要です。メキシコシティとモンテレイの事務所を含め、メキシコ全体にある8カ所のオフィスは、労働法に関連するすべての案件についてのサービスを提供しています。CCNは、中でもメキシコのオフィスを通じて、メキシコの労働問題に関するサービスや、労働法上のアドバイスをお客様に提供しております。CCNはまた、調停仲裁委員会(Junta de Conciliación y Arbitraje, JCA)と呼ばれるメキシコの労働裁判所システムでの、労働訴訟関連案件でお客様を代表しています。

Attorneys covering this practice area