訴訟

弊所はアンパロ裁判(保護請求の訴えの制度)を含む、多種多様な民事、行政と労働裁判案件でお客様を代表し、メキシコとテキサス州で民事訴訟業務を請け負っています。国境を越えた事業活動はますます複雑になり、必然的に企業や個人、更に政府機関との争議に展開し始めています。CCNはメキシコにおける税金、関税、環境や労働当局に対して、お客様を代表する実績を伸ばしてきました。

 

米国とメキシコにおけるCCNのローカル事務所の弁護士は、煩雑なメキシコの裁判制度について経験と知識があります。弊所は、民事訴訟、労働訴訟、アンパロ裁判、そしてその他の訴訟問題を含む、訴訟のすべての形態に関連したメキシコの法的手続について専門知識を有します。弊所のメキシコ人弁護士は、お客様ならびにお客様の米国の法律相談役と密接に調整します。弁護士はお客様と共に、複雑な保険、不動産、製造物責任、知的財産、労働、アンパロ裁判、破産やメキシコの独立禁止法訴訟に取り組みます。最近では、メキシコシティ、ケレタロ、サン・アントニオのCCN弁護士は、米国の大手機器メーカーのお客様が保有する複数の商標を含む数百万ドルの知的財産訴訟で和解に達しました。CCNは、事前に登録された商標を覆し、正当な所有者の名前で、その商標を再登録するために、メキシコ工業所有権庁(IMPI)と取り組みました。

 

弊所は州、連邦、地方、そして連邦控訴裁判所でお客様を代表し、メキシコ政府のあらゆるレベルの関係者と緊密な協力関係を維持しています。CCNはまた、メキシコの最高裁判所によって優利に決議された多数の税務や行政訴訟(amparos)でお客様を代表しています。

 

弊所は、特に債権者の権利、ビジネス訴訟、専門家証人サービス及び不動産訴訟のケースに特に重点を置いて、テキサス州の国内訴訟で、米国そしてグローバルなお客様に対応しています。サン・アントニオとマッカレンのオフィスが実行する米国での業務内で、テキサス州と連邦の両方の裁判所での業務がカバーされています。

Attorneys covering this practice area