エネルギーに関する新たな二国間関係に向けて

共有

2021年1月18日、米国の国務長官、エネルギー大臣、商務大臣がメキシコ政府のカウンターパートに送った書簡が公開された。1月11日付のこの書簡には、ロペス・オブラドール大統領が同国の憲法および法的エネルギー枠組みの実施凍結を命じ、メキシコ国営企業であるペトロレウス・メヒコノス(以下、Pemex)および連邦電力委員会(CFE)との民間、外国、国の投資の競争を抑制する傾向にある一連の規制・行政措置を指示して以来、メキシコのエネルギー分野における米国の利益を守る最も明確かつ最も直接的な公式メッセージが盛り込まれています。

書簡で表明された主な懸念は、PemexとCFEに有利な不適切な規制措置と、米国の特定の開発銀行からの融資による数億ドルの投資への影響であり、メキシコがUSMCAの下で約束したことを遵守しているかが疑問視されるものであった。昨年12月以降、石油製品や天然ガスの輸出入許可の取得を困難にした規則と、エネルギー省(SENER)やエネルギー規制委員会(CRE)といった政府エネルギー機関の長期にわたる不当な「閉鎖」が、グラスを溢れさせた2つの原因であったと思われる。 

この書簡は、昨年半ばにカナダと欧州連合の外交官が、国立エネルギー管理センター(CENACE)が命じた風力・太陽光発電所の試験停止と、SENERの電力信頼性政策に抗議して提出した別の書簡に追加することができます。

この書簡は、昨年半ばにカナダと欧州連合の外交官が、国立エネルギー管理センター(CENACE)が命じた風力・太陽光発電所の試験停止と、SENERの電力信頼性政策に抗議して送った別の書簡も補足しています。 

これまで、メキシコ政府からの回答は、エネルギー省長官がTwitterで、USMCAとエネルギーに関する米国との関係は、それぞれの国の憲法規則を尊重するものであると指摘したことのみであった。 USMCAの第8章にメキシコの憲法上のルールが明記され、他の章では自国企業に対する規制の公平性や投資の保護など、メキシコの義務が規定されていることを認識した上で、より具体的な議論を期待したいものである。現実には、ここ数カ月、メキシコ連邦司法当局は、メキシコ政府が推進するエネルギー分野のいくつかの施策を停止し、場合によっては違憲と宣言している。 

退任する米政府関係者は、彼らが送った書簡の政治的反響の代償を払うために、周囲にいるわけではないだろう。しかし、彼らはバイデン政権が会話を続けるためのテーブルを用意したのである。バイデン新政権は、過去4年間、個人的な親近感に基づく関係を優先して放棄してきた制度的な外交路線を再開することが期待できる。また、米国大統領選挙後に発表された野心的なエネルギー転換のアジェンダが、少なくとも北米の生産チェーンに影響を与え、最悪の場合、メキシコの行政官に自国の国際的義務の履行を再考させることも予想される。もちろん、「グリーン・リカバリー」を強調することで、炭化水素のサブセクターに属する米国企業が、すでに行った投資を保護するために政府の代表者に支援を求めることを躊躇させてはならない。願わくば、関連する議論が再開され、米国とメキシコが、両国に利益をもたらす協調的かつダイナミックな方法で、優先順位を合わせることができるようになればと思う。

CCN México Report™

文責

Play Video