メキシコ、アウトソーシングに関する重大な新ルールを発表

共有

2021年4月23日、メキシコ政府は、連邦労働法、社会保障法、労働者向け国民住宅基金法研究所、連邦税法、連邦所得税法など多数のメキシコの法令を修正・補足する新しい法令を連邦官報に公示しました。

メキシコの労働法および税法に関する主な変更点は以下のとおりです。

i)個人または法人が他の企業の利益のために従業員を供給することと定義される、人材のアウトソーシングは現在禁止されています。

ii) 以下の要件を満たす限り、専門的なサービス、またはサービスを受け利益を得る企業の主要目的または経済活動に含まれない専門的な業務を行うために、人員の外部委託が許可されます:a) その活動は、サービスを受け利益を得る企業の企業目的に含まれていない b) 請負業者は、その目的で作られる労働・社会福祉省(スペイン語での頭文字が「STPS」)の公開登録に登録されている c) 書面の契約が締結されている。

iii) 同一企業グループの企業間で提供される共有サービスは、次の条件を満たす限り、専門サービスとみなされます。a) 当該サービスが、当該サービスの恩恵を受ける企業の企業目的または主要経済活動に含まれていない、b) 契約者が、設立されるSTPSの公簿に登録されている、および c) 書面の契約が実行される。

iv)雇用機関は、人材の募集、選定および訓練のみを行うことができ、雇用主とはみなされず、単に仲介者としてみなされる。

v) アウトソーシングサービスを提供する個人または企業は,STPSに登録し,3年ごとに登録を更新しなければなりません。この登録を受けるために、個人または企業は、対応するすべての税金および社会福祉に関する義務を履行していることを証明しなければならない。メキシコの労働当局は、政令の発行後30日以内に登録に関する一般規則を発行する。そのような規則が発行されない場合、申請者は登録を申請することができ、その後3日以内に当局から回答がない場合、登録は認められたものとみなされます。前述のとおり、この登録は3年ごとに更新する必要があります。

vi) 専門的なサービス、または専門的な仕事の遂行のために外部委託を受け、利益を得る個人または企業は、メキシコ社会保障協会(スペイン語の頭文字をとって「IMSS」)および労働者向け国民住宅基金協会(スペイン語の頭文字をとって「INFONAVIT」)に対してメキシコ社会福祉の義務を遵守しない外部委託業者と連帯して責任を負うことになります。

vii)従業員への利益分配金(PTU)については、従業員の賃金の3ヶ月分に相当する金額または過去3年間の利益分配金の平均額のいずれか高い方を支払限度額とします。

viii) アウトソーシング供給者は、4ヶ月毎に、1月、5月、9月の各17日までに、過去4ヶ月間に締結された専門サービスの契約についてIMSSとINFONAVITに報告しなければなりません。 これには、当事者およびサービスを提供する従業員に関する情報が含まれる。また、アウトソーシングサプライヤーは、サービスの専門サプライヤーであることを証明するSTPSへの登録証の写しを採用企業に提供しなければなりません。

ix) 外部委託により利益を得ているにもかかわらず、新しい規則に従わない雇用主に対して、以下のように金銭的制裁(罰金)が設けられる。a) 連邦労働法は、労働当局による雇用主の施設での検査・監督を許可しない雇用主に対して、更新計量単位(スペイン語での頭文字はUMA)の250倍から5万倍の罰金を科すことを定めている。c) 社会福祉法では、4ヶ月ごとに報告しなければならない専門サービス契約に関する必要な情報を提出しない、または提出が遅れたアウトソーシング業者に対して、UMAの500倍から2,000倍の罰金を科すと定めている。

x)この改正は、経過措置として、a) 政令は公布の翌日から施行されるが、税金と公務員の問題には適用されない、b) 専門サービス供給者のSTPS登録に関する一般規則が発行されると、外部委託供給者は当該規則の発行日から90日以内に対応する登録を取得する、および c) 税金に関する規則は、政令発行日にかかわらず、2021年8月1日に発効する、および d) この改正は、その改正条項において、次のように定めています。

xi)税 務上、無許可の人事アウトソーシングに関連して発行されたインボイスは、税効果を持ちません(所得税の控除対象にはならず、付加価値税の控除対象にはなりません)。また、労働者住宅基金法第29条の改正により、雇用主が他の者に代わった場合、代わった雇用主は代わった雇用主と連帯して、その下で発生したすべての債務について責任を負うと規定されていることも重要な点である。 この責任には、代用される前に発生した債務と、その後3ヶ月間までの債務が含まれます。 この期間が過ぎると、発生したすべての責任は新しい雇用主が負うことになります。

この政令の具体的な内容や、貴社や事業への影響については、弊社にお問い合わせください。

お問い合わせ先

ジョセフ・B・ニュートン|jnewton@ccn-law.com

Pablo Sáenz|psaenz@ccn-law.com.mx

フランシスコ・ペーニャ|fpena@ccn-law.com

ハビエル・サパタ|jzapata@ccn-law.com.mx

マイラ・デ・ルナ|mdeluna@ccn-law.com.mx

Fernanda Magallanes(フェルナンダ・マガリャネス)|fmagallanes@ccn-law.com.mx

CCN México Report™

文責

Play Video