メキシコ、建設・鉱山・輸送機器製造業の再開に向けたフェーズを発表

共有

2020年5月15日、メキシコ保健省は、建設、鉱山、輸送機器製造業を再開するためのプロセスを詳述した政令を発表しました。この政令は、前日に連邦官報に掲載された同様の政令を修正するもので、これらの産業の再開目標日は引き続き2020年6月1日となっています。これらの産業を再開するためには、以下の期間中に特定の条件を満たす必要があります。

  1. 5月18日からの準備期間中、企業はメキシコ保健省、メキシコ経済省、メキシコ労働社会福祉省が共同で発行した一般的なガイドラインに従って、衛生安全プロトコルを作成・提示する必要があります。プロトコルは、再開の準備と同時に提示・承認される場合があります。
  2. 2020年5月18日から6月1日までの期間、上記政府機関が発表するガイドラインに従い、メキシコ社会保障院と連携して、職場の衛生安全プロトコルおよびメカニズムを確立する必要があります。企業が6月1日以前にプロセスを完了し、承認を得た場合、早期に再開することができます。

また、自動車および自動車部品産業で製品を輸出する事業者は、メキシコで適用される衛生安全プロトコルだけでなく、その原産国で適用されるプロトコルも遵守しなければならないと規定されています。こちらをクリック この政令の英訳は、こちらをご覧ください。連絡先:Joseph B. Newton|jnewton@ccn-law.comFelipe Chapula|fchapula@ccn-law.com.mxMario Melgar|mmelgar@ccn-law.comJavier Zapata|jzapata@ccn-law.com.mx

CCN México Report™

文責

Play Video