業務再開・一時的な遠隔勤務に関するガイドラインの遵守について

共有

COVID-19の流行により、メキシコの企業で、i) 必須とみなされる企業、ii) 非必須とみなされるが現在再開手続き中である企業、iii) その業務の性質上、従業員が遠隔地で働いている企業は、連邦および地域のガイドラインに従って、特定のプロトコルおよびポリシーを文書化して実施・維持し、安全に職場復帰するための多くの措置を講じ、該当する場合は一時的に遠隔地で働くことを規制しなければならなくなりました。適切なプロトコルやポリシーの維持に加えて、企業は、日誌、アンケート、個人用保護具の納入記録、標識、通信、トレーニング記録など、特定の文書を維持する必要があります。さらに、企業にとって重要なことは、施設の証拠書類や写真を保管しておくことです。 さらに、企業が事業再開の承認を得るために、「ニューノーマル」(スペイン語で「nueva normalidad」)と呼ばれる電子プラットフォーム上で企業が実施しなければならない自己評価プロセスを遵守していることをメキシコ社会保障院(「IMSS」)に証明するために、これらの文書が必要となる可能性があります。連邦政府の自己評価プロセスに加えて、メキシコのいくつかの州は、企業が遵守しなければならない独自のプラットフォーム、プロセス、ガイドラインを設けています。リモートワークに関して重要なのは、IMSSがCOVID-19を業務上疾病とみなすことが可能であると判断していることである。COVID-19や、在宅で遠隔勤務する従業員が被るその他の症状や病気が、誤って業務上の事故や病気と分類されるリスクを回避し、勤務スケジュールの調整、生産性の測定、作業機器の正しい使用、機密保持、作業スペースの適切な使用(人間工学)など、企業は、従業員が正式に承認し署名したプロトコルやポリシーによって遠隔業務を徹底的に規制しなければならない。この場合、従業員の個別労働契約書に、リモートワークの形態で一時的に勤務することを明記する必要があります。事業主は、上記のガイドラインと対策をすべて実施するために必要な助言を得るため、アドバイザーに相談する必要があります。 また、メキシコ労働法の義務を遵守するために必要な文書、プロトコル、ポリシー、展示物を正確かつ完全に準備する必要があります。

CCN México Report™

文責

Play Video