メキシコの推定所得税支払い額の削減

共有

COVID-19の大流行により、2020年度のメキシコ企業の収益は急減し、純利益も減少し、多くの場合、現金残高がマイナスになると思われます。メキシコ企業は、キャッシュフローを注視し、キャッシュ残高を改善するための戦略や選択肢を分析する必要があります。検討すべき戦略のひとつに、年間発生する所得税の総額をカバーするために毎月支払われる概算所得税の減額があります。2020年の所得税概算額は、今年度実際に受領されるであろう所得と比較して、高すぎる可能性のある純利益の額に基づいて計算されています。メキシコ所得税法第14条では、このオプションを行使するためには、企業は会計年度の後半(7月から12月)にメキシコの税務当局に通知しなければならないと定めています。7月分の概算納付は、8月17日までに行わなければなりません。減額要求の通知期限は、概算納付期限日の1ヶ月前です。例えば、2020年7月に対応する支払いに関して適用するためには、2020年7月15日までに通知を行う必要があります。2020年雑所得税決議の付属書1に従い、税務当局は3カ月以内に要請に応じなければなりません。所得税の概算納付額の減額の承認は、税務当局が発行する決議によって行われます。現在の健康上の緊急事態が実施されたことにより、企業が例年に比べて今年の所得が少ないことを考慮し、概算納付額の減額を要求する理由を説明しやすくなっています。この戦略を追求する企業は、2020年上半期の実際の残高で調整された年間予算に基づいて、2020年下半期の見積情報とともに、下半期の所得税の概算納付額の減少を正当化するためのサポート文書を作成する必要があります。

CCN México Report™

文責

Play Video